ロールスクリーン取り付けはリフォームの一括見積もりサイトで料金比較しよう

ロールスクリーン取り付け一括見積もり

最近では、自宅をより暮らしやすいように工夫を凝らしている家庭が増えています。目隠しのためにロールスクリーンを上手く活用している人も多く、非常に便利で頼りになるアイテムとして親しまれているのです。しかし、柱に取り付けを行うことは素人には難しいことも多いため、そのような時にはロールスクリーン取り付け作業を専門会社のスタッフに依頼をする手段が効果的です。出来るだけ安い費用で作業をお願いしたいなら、インターネットサイトのリフォーム一括見積もりサービスを利用すると最安の料金で納得のできる仕上がりを叶えてくれます。

 

複数の専門業者をあらゆる角度から徹底的に比較することによって、質の高いサービスを格安の費用で受けることが可能です。インターネットの見積もりサイトでは、料金や期間、サイズやカラーなどさまざまな条件を指定することで自分の希望通りのインテリアを完成させることに結びついています。家族全員が心から喜ぶ洗練されたお洒落な印象の自宅を実現できますので、非常に便利で心強いパートナーとして選ばれているのです。仕事や家事などが忙しい人でも短時間で効率的にロールスクリーン取り付け作業を依頼できるため、大変役立つと感謝されています。

 

さらに、それぞれの会社のメリットやデメリットなどを十分に比較して時間をかけて検討することによって、後悔のない美しい仕上がりを約束してもらえると評判を集めているのです。実際にサービスを利用したことのある人々の口コミによる評価は非常に高く、満足度は急速に高まってきています。家族や友人におすすめしたいと感じるほど納得のいく結果につながっているのです。このように、本気で素敵な家づくりを目指しているなら、ロールスクリーン取り付けなども引き受けてくれるリフォーム一括見積もりサイトを活用すると安心といえます。アフターメンテナンスも充実していますので、万が一の時にも頼りになるスペシャリストです。

ロールスクリーン取り付けの料金相場

ロールスクリーン取り付け料金

ロールスクリーン取り付け作業は、DIYに慣れている方であればご自身で取り付けも可能ですが、取り付けを誤ってしまうと、斜めに取り付けてしまったり、サイズを間違えたりする場合もありえます。また、下地の強度が弱い部分に取り付けてしまうと、落下してしまう危険性もあります。「道路に面している窓にロールスクリーンを取り付けたいけど、自分ではやり方がわからない」、「窓数が多くて自分でやるには時間が掛かってしまう」など、自分で取り付けることが困難な場合は取り付けをしていただける方に依頼をしましょう。

案件の中にはベテランの方はもちろん、年中無休のところも多く、男性1人を家に入れるのは心配だという方に向けて女性スタッフの同行が可能な案件も多数あります。

 

ロールスクリーン取り付けの料金相場は、10000円?20000円、ただ、一間の窓が6箇所程度などと箇所が増えるごとに値段に変動がありますので、総額で料金相場は20000円?30000円を想定すると良いと思います。一番安い案件で7000円?8000円程でロールスクリーン取り付けの依頼をすることも可能です。
あるサイトの過去の見積もり例としては、費用目安:20000円〜60000円取り付け場所:築7年、3階建て事務所依頼内容:窓2箇所のブラインドのロールスクリーンを購入したため、そのロールスクリーンの取り付けを依頼したい。という内容のものもあります。

 

ロールスクリーンのサイズや、ロールスクリーン取り付けの箇所、出張場所など、それぞれの案件によって料金相場は異なってきます。ですから、ロールスクリーン取り付け依頼をする際は、前もって取り付けを行うロールスクリーンの内容(全体的な寸法、素材等)や、ロールスクリーン取り付けの依頼先を最初から一件だけに絞らずに、一番合った案件が見つかるように多数の案件に目を通し、内容をよく確認してからロールスクリーン取り付けを依頼しましょう。

ロールスクリーン取り付けのメリット・デメリット

ロールスクリーン取り付けメリット

窓に取り付けて室外から見えないようにするものといえば、以前であればカーテンが一般的でした。ところが最近は同じような機能を持つ別の商品として、ロールスクリーンを選ぶ方が増えています。このように人気が出てきたのは、カーテンにはない多くのメリットがあるからです。

 

ロールスクリーン取り付けのメリットとしては、部屋がスッキリと仕上がるというものが挙げられます。カーテンもおしゃれなデザインのものが多いのですが、ドレープなどで表面が波打っているため、何となく装飾過剰に思えることがあるかもしれません。その点、ロールスクリーンであれば、しわなどができない一枚布で作られているので、取り付けてもフラットな仕上がりになります。シンプルなインテリアを好む方には最適な商品と言えるでしょう。幅が狭かったり小さな窓にも使えるというのも、ロールスクリーンならではのメリットです。カーテンはおおよそのサイズが規格として決まっており、それに合わない窓で使う場合にはオーダーメイドに頼らざるを得ません。ロールスクリーンはいくつものサイズが市販されているので、自宅の窓の寸法を測っておけばぴったり当てはまるものが簡単に購入できます。

 

新築住まいや賃貸物件では、カーテンレールを取り付けるのが難しい場合もあります。カーテンレールの多くは、壁に穴を開けてネジ止めする必要があるからです。そんな場合にもロールスクリーンは役立ちます。俗に突っ張り棒と呼ばれるテンションバーを使うことで、ネジ止めなしでロールスクリーン取り付けが可能になるからです。別のデザインに変えたいときも、テンションバーごと外せばいいので時間もかかりません。一方でロールスクリーンにはデメリットもあります。ぴったりと窓を覆うことが難しいため、縁から日光が室内へ入りやすいことです。カーテンがうねっていることで遮光できるのと比べると、不満に感じるかもしれません。遮光性のある製品でも透けてしまうことが多く、しっかりと光を遮りたいときにはカーテンも検討すると良いでしょう。

ロールスクリーンの洗い方

ロールスクリーン取り付け洗い方

ロールスクリーンの洗い方はまず生地を確認してその生地が洗えるものなのかを見ます。現在のものは洗えるものが増えていますが、中には洗えない生地のものもあります。生地の確認方法は裏側の部分に洗濯表示が書いてあります。洗える生地でしたらロールスクリーンを外して見ましょう。カーテンと比べると少々時間が掛かりますがそこまでは難しくなく慣れればすぐに外せます。ブラケットという金具が付いているのでまずはブラケットを外します。かなり高い所に取り付けられているので作業は気を付けて行います。できれば1人ではなく2人で作業をすると良いです。

 

この後にスクリーンを今度は外します。スクリーンはメカ部分に取り付けられているので六角レンチを使います。六角レンチはロールスクリーンを買ったときに一緒に付いてきているのでそれを使いましょう。スクリーンブランケットに付いているキャップを取り外した後に六角レンチをブランケットの脇に差し込みます。脇に差し込むと巻き取りパイプが固定されるので、固定した巻き取りパイプをスクリーンから外します。簡単に引っ張れば取れるので何も難しくはないです。ここまで終わればスクリーン本体から取り外すことが出来るので洗濯をします。洗い方のポイントとしてはネットなどには絶対に入れないようにしましょう。

 

ぐちゃぐちゃになるからきれいにたたむ人も居ますがかえってシワが付きやすくなります。弱で設定をして脱水時間も3分程度となるべく短い時間で終わらすようにします。洗濯が終わったら日があたる所にシワを伸ばしながら干していきます。しっかり乾いたら今度は取り外したのと逆の順番に取り付けていきます。同じように戻していけばいいだけなのですごく簡単にできます。取り外し方もメーカーによっては違うので、そのメーカーのホームページや買ったロールスクリーンの説明書などを見て確認しましょう。中には洗えない生地のものもあるので注意してください。

ロールスクリーンの交換時期

ロールスクリーン取り付け交換

ロールスクリーンはカーテンと異なってヒダやドレープがなく、一枚布でできています。そのため閉じたときフラットな平面状になりますからスッキリとし、かつ部屋をスタイリッシュに見せたり、おしゃれに演出させることが可能です。またロールスクリーンは上下で開閉しますから、日差しがまぶしくない位置で固定できたり、明るさの調整も容易である利点があります。

 

しかし長い間使用していると、スクリーンがスムーズに上下動できなくなったり、巻き上がらなくなったりします。また巻き取ったスクリーンにズレが発生したり、強い日差しで色が変色・日焼けしたりすることもあります。このようなときは本体丸ごと交換で解消しますが、巻き取りがスムーズでない場合はサイドブラケットなどにある調整溝で調整することでも解消できることもあり、ロールスクリーン本体の水平を調整し直すか、生地が傷んでいるときは交換することで解消する場合もあります。しかし使用してから10年以上経っているものや、ロール生地そのものが傷んで、巻き取りがスムーズに行かない場合は、新品のロールスクリーン取り付けすることをおすすめします。交換時期は一概に何年とは決まっていませんが、スムーズに動作できないとストレスの原因になりますし、生地が変わることで部屋の雰囲気を一新させることもできます。

 

ロールスクリーン取り付けは意外と簡単ですが、メーカーや型式などによって異なりますので、購入するホームセンターや家具屋さんに依頼すると確実な取り付けが期待できます。このとき古くなって交換時期が来ているものや、現状カーテンが取り付いている何箇所かをロールスクリーン取り付け依頼すると、工賃くらいはサービスしてくれる可能性があると考えられます。ロールスクリーン取り付けは比較的容易ですが、スクリーン(生地)だけを交換することも可能です。これは巻き取り機能には問題なく、汚れたりした生地だけを交換するときに行なうものですが、メーカーや製品シリーズなどによって取替え可能な生地は変わります。

TOPへ