TOPへ
アルジェント・ホーム
topへ Conceptへ Equipmentへ Model Houseへ Gallaryへ Event & Newsへ メールフォームへアルジェント・ホーム
アルジェント・ホーム_
カテゴリー
カテゴリー
Categories

Category Topics
2009/03/20
ライト様式 リンク先


Column

Life is beautiful〜世界の住宅様式の紹介や豊かな暮らしを送る為のコラム

アメリカの経済的な平屋建て小住宅

 小住宅に多いデザインとしてクラフツマン様式やバンガロウ形式、ケープコッド様式が挙げられます。これらは初めて住宅を購入するスターター(一次取得者)向けの住宅として長い人気が保たれています。この住宅は寝室の数を1あるいは2部屋とし、その後、家族の成長による発達段階(ライフステージ)や家族構成に合わせて、外観や居室空間を変化させてきた歴史があります。その基本となるのが平屋建てです。


 平屋建ては外観上、比較的安定感があるだけでなく、どのような世帯でも経済面で無理がなく、しかも適応性と順応性の高い住宅として好まれてきました。平屋建ての住宅は、峡小の敷地に1階だけという簡素さから、建設が容易で比較的安価にできます。経済的負担の少ない住宅としてのデザインは、複数の小窓や正面玄関を中央に配するシンメトリースタイルが多いですが、特に平屋という理由だけで、質素さを求める必要はありません。質素になりがちな正面外観にベイウインドウを配したり、切妻を重複させたり、少ない間取りながらも快適な空間デザインに工夫を凝らすことができます。それが即、コスト面に影響があるとして敬遠されがちですが、便利さや魅力、生活へのゆとりのための創造と捉える事も必要です。


アメリカの経済的な平屋建て小住宅01

サンフランシスコの住宅ストックは19世紀から1920年代に建てられたものがほとんどだが、その中にもクラフツマン様式の住居が見られる。


続きを読む 『アメリカの経済的な平屋建て小住宅』

投稿日 : 2008/06/ 8

       
 
▲ページトップへ
 

絵を飾られてみてはいかがでしょう

 最近、新しく建てられる病院の外観デザインやインテリアが少しずつ変わっていきたように思えます。しかし、今でも白く冷たい壁に、白いシーツのままのところが多くあります。医師の上着がグリーンに、看護婦の制服がピンクに変化してきましたが、病室の中は大きく変わっていません。

 "白"のイメージは清潔ですが、冷たさも合わせ持つ色なので、病気で気分が沈みがちな患者の心には、少し寒々しく感じます。しかし、部屋に窓があると時間の経過、季節の移り変わりが分かるので、気持も落ち着きますが、窓を付けることができない相部屋も多くあります。その場合、壁一面に絵を飾ってみてはいかがでしょうか。

絵を飾られてみてはいかがでしょう01

奥の壁に目を移すと絵を飾ったり小さな絵を棚に並べたりと、楽しい空間づくりをしているのがわかる。

続きを読む 『絵を飾られてみてはいかがでしょう』

投稿日 : 2008/06/ 1

       
 
▲ページトップへ
 

アフォーダブル・ワンストーリーハウス

 アメリカのワン・ストーリーハウス(平屋建て住宅)は、安定感があって、幅広い世帯に適しているので、古くから多くの人達に好まれているデザインです。ワン・ストーリーハウスのデザインはシンプルで、一番安価にできる単純な長方形が多く用いられています。その典型的なものにケープコッド様式と呼ばれるものがあります。平面プランがシンプルなので、そのプランはバラエティーに富んだ変更が可能です。

 平屋で一方向のラインに建てていくので、建築資材のムダが少ないだけでなく、建築しやすいという利点がある事も多く用いられてきた理由のひとつです。ただし、シンプルで合理的な建物ですが、あまり大きなものは適切ではないと言えます。幅が30メートルもあると大きすぎて、その分だけ価格も高くなります。20メートル幅のL字型住宅や15メートル幅のU字型住宅は、30メートル幅の住宅に比べて小さい分建築コストが少なくて済み、同じサイズの正方形と長方形では壁から壁への長さが違うので、暖房や冷房のエネルギー消費量にも影響があります。

アフォーダブル・ワンストーリーハウス01

近年日本でもその良さが見直されている平屋建て住宅。一般的に割高になると思われがちだが、階段やその為の廊下が必要ない分、効率的なプランを組む事ができる。


続きを読む 『アフォーダブル・ワンストーリーハウス』

投稿日 : 2008/05/18

       
 
▲ページトップへ
 

ヨーロッパやアメリカの住宅照明

 私たちの住んでいる日本の住宅の照明器具の多くは、蛍光灯が使われています。電球色(赤黄色っぽい暖色の明かり)も多く使われてきましたが、昼白色(白っぽい寒色の明かり)が多いようです。ヨーロッパやアメリカのほとんどの家では逆に白熱灯の照明が多いようです。

 また、日本では夜になると、ほとんどの家ではカーテンを閉めます。外からみると、少しの明かりだけが漏れているように見えます。海外では通りからみると、それぞれの家の窓から、白熱等の明かりがきれいに映し出されます。アパートやマンションも、日本のように白色と電球色が混ざって、不快に見える(みなさんはどう感じますか?)ことはあまりありません。きれいな夜景はヨーロッパの人たちの明かりに対する良心なのでしょうか。

ヨーロッパやアメリカの住宅照明01

続きを読む 『ヨーロッパやアメリカの住宅照明』

投稿日 : 2008/04/27

       
 
▲ページトップへ
 

クラフツマン住宅

 クラフツマンスタイルの住宅は、他の建築様式のように材料の既成概念にとらわれることがありません。異なった素材を外装の仕上げに使い、お互いを引き立たせることによって、低くシンプルなエクステリア(外観)をより重厚感のあるプロポーションにします。それでは、クラフツマン住宅のデザインの一例をご紹介します。

 まずはエクステリアデザインですが外壁の下部や煙突には煉瓦や自然石を用い重厚感を出しています。外壁の上部はハーフティンバー(柱や梁などの構造材が外部に出るデザインのもの)にして、その間にプラスター(漆喰)が塗られています。また、木製シングルやサイディングなどが使われているものもあります。ファサード(玄関外部)の柱は短く、煉瓦や自然石で仕上げられた高くて太い台の上に置かれます。窓はケースメント(タテ開き窓)やダブルハング(上げ下げ窓)が使われ、上部にはグリル(格子)が付き、下部には眺めを良くするためかグリルが付いていません。

クラフツマン住宅01

プラスターではなくサイディングを使って仕上げられたクラフツマンスタイルの住宅。平屋でどっしりとしたデザインが人気。

続きを読む 『クラフツマン住宅』

投稿日 : 2008/04/13

       
 
▲ページトップへ
 

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages