TOPへ
アルジェント・ホーム
topへ Conceptへ Equipmentへ Model Houseへ Gallaryへ Event & Newsへ メールフォームへアルジェント・ホーム
アルジェント・ホーム_
カテゴリー
カテゴリー
Categories

New Topics
2009/03/20
ライト様式 リンク先
2009/02/12
吹き抜け リンク先


生活の変化と「会話」

 今では女性が仕事をする上での「腰掛け」という言葉は使われなくなりました。結婚後や出産後も子供の手が離れたら再就職をするといった「働く女性」が増えてきたからなのでしょうか。経済上の理由はもちろんですが、女性の仕事に対する意識も高くなってきたのではないでしょうか。それにともない、エンゲル係数も向上してきて外食にかける出費も多くなってきました。外食と内食(家庭での食事)の中間の[中食]という言葉も生まれて、テイクアウト食品や弁当、調理加工品や半加工して下ごしらえ食品類も多いです。種類も和、洋、中華と豊富で有名シェフや料理研究家の味まで家庭で味わう事が出来て、味に対するこだわりが強い人たちも増えてきました。お湯に入れたり、レンジに入れて温めるだけの食品は調理時間も省けて、仕事を持った女性に多く利用されています。


 こういった食生活に対応して、キッチンも変化してきました。電子レンジは欠かせない物となり冷蔵庫は大型化して、特に冷凍庫の容量が増えて食品をストックする場所やパントリーも必要とする方も増えてきました。食事のスペースもキッチンカウンターの延長線上や、対面カウンターを取り付け、バーカウンターのような場所で食事をとる方法も増えてきました。時間の効率化と椅子生活への変化で生まれた食事法ですが毎日、毎食そこでとるのは好ましくありません。向かいあって座るダイニングエリアが必要です。会話を楽しむ習慣がうまく育ってこなかった日本文化にとって、[食]を通じて会話をし、躾を学ぶことが重要だからです。


生活の変化と「会話」01

 パーティーとはpart(部分)の意味を持ち、人と人との集まりを指す"見知らぬ人"との交流を深める会合です。日本では宴会と訳していますが、その内容はパーティーとは異なっていて、"知っている人同士"が宴を開くことです。ここにも会話下手な様子が伺われますが、生活様式が洋風化した今日、パーティーを通じての会話のあり方も見直したいところです。


 そのためにも家庭内での会話が必要であり、とまり木のようなカウンター形式の食卓だけでは会話は弾みません。忙しい朝は別にしても、夕食や週末、休日などはダイニングテーブルを囲んで手作りの料理を楽しみましょう。デパートやスーパーで売られている高級レトルト食品よりも家庭での味は温かく、それを食べながらの会話は他愛のないことでも楽しく過ぎていくに違いありません。ダイニングスペースは日本人の会話の「レッスンの場」といったところでしょうか。例えば食卓でお父さんが「醤油を取って」とお子さんに頼む場合でも、渡してもらったら必ず「ありがとう」と言いましょう。自分以外の人から自分に何かをしてもらった時は、家族でも「ありがとう」ときちんと口にします。「ありがとう」と「どうぞ」「失礼」は人間関係の基本的潤滑油です。


生活の変化と「会話」02



投稿日 : 2008/08/13

 
▲ページトップへ