TOPへ
アルジェント・ホーム
topへ Conceptへ Equipmentへ Model Houseへ Gallaryへ Event & Newsへ メールフォームへアルジェント・ホーム
アルジェント・ホーム_
カテゴリー
カテゴリー
Categories

New Topics
2009/03/20
ライト様式 リンク先
2009/02/12
吹き抜け リンク先


アメリカの経済的な平屋建て小住宅

 小住宅に多いデザインとしてクラフツマン様式やバンガロウ形式、ケープコッド様式が挙げられます。これらは初めて住宅を購入するスターター(一次取得者)向けの住宅として長い人気が保たれています。この住宅は寝室の数を1あるいは2部屋とし、その後、家族の成長による発達段階(ライフステージ)や家族構成に合わせて、外観や居室空間を変化させてきた歴史があります。その基本となるのが平屋建てです。


 平屋建ては外観上、比較的安定感があるだけでなく、どのような世帯でも経済面で無理がなく、しかも適応性と順応性の高い住宅として好まれてきました。平屋建ての住宅は、峡小の敷地に1階だけという簡素さから、建設が容易で比較的安価にできます。経済的負担の少ない住宅としてのデザインは、複数の小窓や正面玄関を中央に配するシンメトリースタイルが多いですが、特に平屋という理由だけで、質素さを求める必要はありません。質素になりがちな正面外観にベイウインドウを配したり、切妻を重複させたり、少ない間取りながらも快適な空間デザインに工夫を凝らすことができます。それが即、コスト面に影響があるとして敬遠されがちですが、便利さや魅力、生活へのゆとりのための創造と捉える事も必要です。


アメリカの経済的な平屋建て小住宅01

サンフランシスコの住宅ストックは19世紀から1920年代に建てられたものがほとんどだが、その中にもクラフツマン様式の住居が見られる。


 ポーチのあるクラフツマン様式やバンガロウ型式の住宅は、常にシンプルな外観と内装を心掛けることで、快適さと味わいの出せるスタイルです。その特色は、住宅全体が大屋根の傘の下に包まれ、通常は平屋、または一部二階付き住宅の、いわゆる小屋裏二階建てで、採光のためにドーマー窓が取り付けられることが多いのです。この屋根の形は、家族全体が一つの屋根の下で仲睦ましく生活を営むという、家族向け住宅のデザインを象徴しています。

アメリカの経済的な平屋建て小住宅02

夕闇に映えるバンガロウ型式の住宅。


投稿日 : 2008/06/ 8

 
▲ページトップへ